[夢占い]行進の夢を見たときの12の意味

[夢占い]行進の夢を見たときの12の意味

行進の夢を見た方へ
行進とは、大勢の人が隊列を組んで進むことを言います。パレードのような明るく楽しいお祭りの行進から、全員の動きが完璧に揃っている軍隊の行進まで様々ですが、そんな行進の夢ははたしてどのようなメッセージを届けてくれるのでしょうか。
今回はお祭りの夢を見たときの12の意味をお届けいたします。

スポンサードリンク

 

[夢占い]行進の夢を見たときの12の意味

 

その1:行進する夢の基本的意味


行進の夢がいい印象だったなら、現実であなたの真面目さや堅実な仕事ぶりが評価され、今まではあなたを下に見ていたような人たちからも見直されて、正当な評価を得ることができるという暗示です。
常識的な考えや態度から逸脱しないことをおもしろみがないというように評価する人もいるかもしれませんが、仕事上でのパートナーや、信頼が必要な物事をまかせるには、そうした人を選ぶのが結局は一番いいのです。

夢の中の行進が嫌な印象だった場合は、あなたが自信過剰気味になっていたり、仕事などの規則が急に厳しくなってストレスを抱えたり、日々のマンネリなローテーションに対して急に嫌気がさしたりする可能性が高いという暗示です。
もう少し謙虚さを大事にして、周囲の人と足並みを揃えたほうがいいでしょう。毎日が同じことばかりでつまらないと感じるのであれば、自分自身で楽しいことを考えて実行するしかありません。

 

その2:自分が行進している夢はやることが多すぎて疲れている


あなた自身が行進している夢は、現実でやるべき事が一気に増えて、それをこなすだけで精一杯になり、苦労やストレスを負うことを暗示しています。
そして、そのやるべきことを夢中でこなしていく中で、また新たに多くの課題や改善点が出てきて、それを解決しなければ前に進めないという事態に直面しそうです。
しばらくは当然辛い思いをしますし、自分に不運が降り掛かっているように感じるかもしれません。
しかし、その試練はあなたがそれらをやり遂げた時に、夢を叶えたり成長するために必要なことだったとわかるはずです。苦労した経験や費やした時間はすべてあなたの財産になり、未来のあなたを助けてくれるでしょう。
それを信じて、今は大変でもあきらめずにがんばってください。

 

その3:デモ行進の夢は権威に対する反骨精神の表れ


デモ行進は、集団示威行為形態の一種で、何らかの社会的または政治的目的をアピールしたい人々が集結し、街道などを練り歩く行為のことです。
そんなデモ行進が夢に出てきたら、現実でもあなたに主張したい意志があることを暗示しています。特に権威を持つ存在や、自分より目上の存在、自分の考えとは異なる思想を持つ人々への反骨精神の表れです。実際にそういう人物と意見が衝突して諍いが起こる可能性が高いので注意すべきところですが、自分の権利を主張するために戦う意志があるのであれば、争いは避けて通れないかもしれませんし、そうした方がいい流れかもしれません。

デモ行進の先頭に立っている夢は、あなたがカリスマ性のあるリーダー的存在に憧れを持っていたり、人から注目されたいと思っていることを暗示しています。実力をともなっている場合はいいですが、この夢を見ている時点でまだ未熟であることの方が多いため、悪目立ちしないように行動は控えましょう。

デモ行進が延々と続く夢は、さまざまなことに不満を持っていて、抗議したいことが山ほど溜まっている状況を暗示しています。厳しい上司や逆らえない権力に屈しているなら、環境を変えたり、実力を養って自分が上に立つことを目指すといいでしょう。

デモ行進に参加して喜びを感じている夢は、自己アピールが十分に出来ていて、充実した生活を送っていることを示しています。
逆にデモに参加することに嫌悪を感じていたり、足取りが重かったら、現状に対してやる気が起こらなかったり、味気ない生活を送っていると感じていることを示しています。人生に意味を持たせるためには自分自身の意志ややる気が何よりも肝心です。自分に向いている仕事や趣味について一度しっかり考え直したり、愛する人を見つける努力をしましょう。

スポンサードリンク

 

その4:デモ行進を見る夢は行動したいけどできていない


デモ行進している人々を客観的に見る夢は、現実で何か行動を起こしたいと思っているけれど、半分くらいは「めんどうなことは一切関わらずに、傍観者でいたい」と思っていることを暗示しています。
仕事や学業で苦労を経験したり、人間関係のトラブルに巻き込まれたせいで、ストレスやしがらみから離れて穏やかに過ごしたいと願っているのではないでしょうか。
もちろんストレスを受け続けて心身ともに疲れ果てるのはよくないことですが、あらゆる不満や悩みから目をそらして、何の苦労もせず生きていくのは難しいですし、あなたの成長を妨げます。最悪の場合世界との関わりを排除して引きこもりになってしまうかもしれません。
多少の問題やストレスは人生の刺激として必要なものです。勇気を出して向き合うようにしましょう。

 

その5:デモ行進が衝突する夢は目上と意見が衝突する警告


デモ隊が警察などと衝突する夢は、現実であなた自身が特に目上の人間と意見がぶつかり合うことを暗示しているので注意してください。反骨精神が大きくなっていて、あなたの方に正当性がある場合はいいかもしれませんが、単なる生意気でやっかいな人間だと思われるとあとで後悔することになります。冷静さを失わないように。

衝突によってもみ合いになったり、破壊行為や暴動が起きるような夢は、さらに具体的なトラブルを暗示します。一度悪化するとかんたんには解決できない問題に発展する可能性もあり、翻弄されてストレスを抱え込まないように注意しましょう。

 

その6:デモ行進がやってくる夢は子供や後輩に反発されるかも


あなたに向かってデモ行進がやってくる夢は、現実であなたが誰かに大きく反発・抵抗されることを暗示します。
あなたが親であれば子供や、職場や学校の後輩など、特に目下の人間に対して厳しすぎる態度をとったり、反感を買うようなことをしていないでしょうか?
独断的な行動や言動には十分注意し、たとえ相手が悪くて指導する意味で怒ったとしても、あとからフォローしてあげるような飴と鞭が大切です。

 

その7:パレードの夢は自己顕示欲の強さを示している


楽しいお祭りの中で行われる行進はパレードと呼ばれますが、それが夢に出てきたときは、あなたの自己顕示欲が強くなっていることを示しています。
自分を今より派手に見せたいとか、個性をもっと出していきたいと思っているのではないでしょうか。
パレードを見る観客が多く、とてもにぎやかで楽しい印象だったら、自己顕示欲がいい方向に働き、あなたの能力や業績が周囲に認められて、活躍したり成功のチャンスをつかめるでしょう。

しかし、パレードが閑散としていて盛り上がりに欠けるものだったら、自己主張の強さが空回りしてしまうという警告です。特筆した能力もなく努力もしていないのに、他者に認められたいという願望だけがふくらんでいる状態です。人から尊敬されたり、個性を発揮して人気を得ている人は、必ず人知れず努力をしていたり、苦い挫折を味わっているものです。あなたの魅力を理解してもらえるように努力することが必要でしょう。

 

その8:行進の先頭にいる夢は刺激を求めている


どのような行進かはともかく、その先頭に自分がいる夢は、あなたの中で平凡な毎日から抜け出し、刺激的なことをしたり非日常的な体験をしたいという積極的な気持ちが膨らんでいることを暗示しています。
手っ取り早く未知の体験をするには、今住んでいる国とは違うところに出かけるといいでしょう。
できるだけ遠くの国に行って、それまでとまったく違う人種、文化、言葉、雰囲気を味わうことが、絶え間ない刺激になるはずです。
旅行する時間がとれない人は、新しい趣味を始めてみたり、仕事でそれまでとはまったく違うやり方を試してみるなどもいいでしょう。
冒険心が高まっている時なので、恋愛でも積極的に出会いを求めていけるのではないでしょうか。

 

その9:軍隊の行進の夢は規律や規則に対するストレスがある


行進の中でも軍事パレードは、多くの人間がまるでロボットのように一糸乱れぬ動作で行進する様が、まさに秩序と規律に支配された軍隊ならではという感じですが、そんな軍事パレードを見る夢は、あなたが現実で秩序や規律を重んじることを強要されていたり、禁欲による葛藤や、権力からの精神的な拘束で強いストレスがあることを暗示しています。元々我慢強く有能な人ほど、限界までストレスを抱え込みがちです。これを機に上手に発散する方法を調べたり、考え直してみるといいでしょう。

また、大勢の軍人は闘争心や競争意識の高まりを意味しています。
勇気や戦いが必要な場面に遭遇したり、何らかの決断を迫られたり、行動を起こすことを強いられるかもしれません。軍人が厳しい訓練から逃げ出したときには非情なほど過酷な罰則をかせられるように、近々起こる問題から逃げ出すことはあなたのためにならないようです。覚悟を持って挑みましょう。

女性限定ですが、軍人が夢に出てきた場合、自分をリードしてくれる強くて頼りがいのある男性への憧れが膨らんでいることを暗示しています。現実にすでに恋人がいる人は、彼に対して物足りなさを感じているようです。

軍事パレードをぼんやりと眺める夢は、現実であなたが所属している組織の中で、自分は実力を発揮できていないと感じていたり、周囲から浮いているような気がして不安になっていることを暗示しています。おそらくあなたは規則やルーチンワークなどを守るより、自由気ままに行動する方が向いているタイプでしょう。環境を変えてみるといいかもしれません。

 

その10:自分が軍隊の行進の中にいる夢は強い支配欲の暗示


自分が軍人として、軍事パレードの中で行進している夢は、あなたの中に強い支配欲や権力欲があることを暗示しています。
今はどちらかというと下の立場に甘んじていて、自分の思い通りのやり方が通らなかったり、能力を認めてもらえず自己顕示欲も満たされないという状態なのではないでしょうか。
誰しも最初から上の立場になることはありません。時間をかけて出世していくうえで、人から反感を買わないような実力を身に着けていくようにしましょう。

この夢はまた、恋愛面で暗黙の了解などに縛られ、仲のいいグループの中で抜け駆けできない状態だったり、友人の恋人を好きになってしまって三角関係や不倫の関係に悩むことを暗示するものです。好きという気持ちを抑えるのは難しいですが、できれば友情を取る方が無難です。

 

その11:小学校の運動会で行進する夢は昔を懐かしんでいる


小学校時代の運動会では、入退場時にみんなで行進する風景がよく見られますが、そんな光景を夢に見たら、あなたが楽しかった子供時代を懐かしんで、その頃に戻りたいと思っていることを示しています。時には過去を懐かしむことも心の浄化につながるのでいいでしょう。これを機に子供時代に仲が良かった友人などに連絡をしてみるのもいいかもしれません。

 

その12:行進曲の夢はいい人間関係を築ける暗示


その12:行進曲の夢はいい人間関係を築ける暗示

クラシックの中でも行進曲は、リズミカルで華やかな曲調です。そんな行進曲を夢の中で聴いたら、あなたが現実で楽しく心がおどるような人間関係や恋愛関係を作ることができることを暗示しています!
しかし、夢で聴いた行進曲に不快な印象を抱いた場合は、人間関係や恋愛がうまくいかず、自暴自棄になってしまったり、そのまま孤独になってしまうおそれがあります。ストレスが溜まりイライラしやすくなっているので、しばらくは人と争ったり八つ当たりしないように気をつけましょう。

 

あとがき


いかがでしたか?
行進の夢は、その印象によって、あなたが今積極的か消極的かが判断できるようです。いい夢であればこれまで通りにしていい証拠ですし、よくない夢でも、夢からのメッセージをきちんと受け止めて改善するようにすればきっと開運の道を歩けますよ。
以上、「行進の夢を見たときの12の意味」をお届けいたしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたに訪れる運命の日を知りたくないですか?  

『恋と運命の真実』では、あなたの生年月日や血液型をもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします!
実力派と呼ばれる鑑定師が初回無料で細かな鑑定をしてくれます。

しかも、鑑定結果からあなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来だけを掴めるように導いてくれます!

運命が知りたい方は、試してみて!
スポンサードリンク

Speak Your Mind

*